アコースティックギターは大きく分けて二種類

スポンサードリンク       プライバシーポリシー



アコースティックギターは使われている弦やその形状から、大きく二つの種類に分けることが出来ます。

一つはクラシックギターと呼ばれるもので、この中にはフラメンコギタースパニッシュギター)も含まれます。

クラシックギターで使われている弦は、ナイロン弦と呼ばれるもので高音部の1〜3弦に単線の柔らかいナイロン弦が使われています。 低音部の4〜6弦には、ナイロン弦に金属を巻き付けた形状の弦が使われています。

初期のクラシックギターには羊の腸(ガット)が弦として使われていたために、クラシックギターをガットギターと呼ぶ場合もあります。 現在のようなクラシックギターの形が完成したのは、比較的新しく19世紀末です。これにはスペイン人のギター製作者、アントニオ・デ・トーレスの貢献が大きいでしょう。


アントニオ・デ・トーレスはそれまでの形状が小さく音量も貧弱で、コンサート演奏には不向きとされていたクラシックギター
現在のような形に完成させ、ギターを小さなオーケストラとまで言わしめました。  また同じくスペイン人のギター演奏家で
作曲家でもある、フランシスコ・ターレガの名前も忘れることが出来ません。

彼は数多くのギター曲を作曲し、ヨーロッパ各地でコンサート活動を行いギターという弦楽器の発展に貢献しました。
彼の代表的なギター曲として「アルハンブラ宮殿の思い出」があり、日本でも人気があります。


アコースティックギターと言えばこのフォークギター

アコースティックギターのもう一つの種類はフォークギターです。

アコースティックギターと言えばこのフォークギターを思い出す人が多いのではないでしょうか。
フォークギターにはスティール弦と呼ばれる金属製の弦が使われています。

クラシックギターよりもさらに大きな音量が得られます。

またフォークギターピックを用いて演奏する場合が多く、ピックによるギター本体への傷を防ぐために、
薄いプラチスティク製のピックガードが取付けられています。 1950年代から60年代初めにアメリカに登場した、
ウディ・ガスリー
ボブ・ディランなどのシンガーソングライターの活躍により、フォークギターは世界的に
流行しました。


SPONSORED LINK



アコースティックギターのメーカー マーティンとギブソン

また、アコースティックギターのメーカーとして、アメリカのマーティンギブソンの二社が世界的に知られ、
多くのミュージシャンに愛用されています。 この二社により製作された初期フォークギターには、マニアが
存在するほど絶大な人気があります。

日本のアコースティックギターのメーカーとしては、ヤマハが有名で1960年代から80年代にかけてアマチュアの
ポピュラーソングコンテストを主催して、日本の代表的なニュー・ミュージックのアーティストを多数輩出しています。


スポンサードリンク